INDEX オーエムラボテック株式会社
FAQ (よくある質問と答え)
Frequently Asked Questions オーエムラボテック株式会社
Q1
反応用オートクレーブって、結構金額が高いですね。どうしてですか?
A1

はい。一般汎用商品に比べれば、安くは無いですね。特殊な実験機器のため数があまり出ないのが、主要因になります。しかし、規格品でない特殊品もお客様のために一品一様で造れます。自家用車などは、数が出るから複雑な機械の割には確かに安いといえます。しかし、オーダーメイドの車やレース用の車となれば、一般消費者には購入は不可能な金額になりますよね。実験用オートクレーブはその特質上、一品一様のものが多く、数が出ないから金額が高いというのが答えになるかと思います。

Q2
他社オートクレーブと比較すると随分安いけど、品物は確かですか?
また、どうして安いのですか?
A2

はい。当社のオートクレーブはどんな金額のものでも、必ず厳重なテストを行って出荷しています。どこのメーカさんでも良いものを作っていると思いますが、当社の品物も良いものだと自負しています。金額が他社メーカに比べて安いのは、2点あると思います。営業専門人員がいないことと、ほとんどの部品は、当社の工場で直接作っていることが要因だと思います。したがって納期も他メーカより短いのです。当社の営業員は、設計や購買も兼ねています。また他社メーカは、部品や容器(オートクレーブ本体)に至るまで協力会社で製造していることが多いようです。

Q3
金属の腐食に関してですが、容器の材質はSUS316(ステンレス)で今回の実験でも充分対応可能かわかりますか?
A3

オートクレーブは、高温・高圧下で使うものです。そのような場合危険性が最も無いものは、金属です。ガラスは割れる。樹脂は熱に弱いですね。金属は、展性に富むため、いきなり裂けたり爆発するような可能性が低いです。しかし、腐食します。腐食しない金属はありません。ステンレスは一般的に錆びない金属と思われていますが、これは間違いです。ステンレスは鋼の表面に酸化クロムを形成して錆びを防いでいます。つまり錆び(酸化クロム)で錆びを防いでいるわけです。この酸化クロムを破壊するような働きのものには、ステンレスは弱いのです。具体的に上げますと、酸化性酸(硝酸)に強く、還元性酸(硫酸、塩酸)に弱くなります。
また、OHやClがあると、100℃以上で、応力腐食割れを起こすことがあります。

当社のオートクレーブは実験用という特性上、内容物を明らかにしていただけないお客様が大勢を占めます。内容物と使用条件が全て明確であるなら、金属材料メーカにどの材料が最適なのか、打合せしながら問合わせもすることが出来ます。 しかし、現状ではお客様がその条件を作り出すことが出来るのであれば、こちらから数種類の試験片を送付して個々の金属の腐食状況を確認していただくという手法を採用しています。重量減を確認して頂ければ、腐食の有無がわかることになります。

また弊社総合カタログにもある程度の指標として、金属耐食表を載せていますが、あくまで指標であり絶対ではないので参考程度に考慮してください。オートクレーブ内の状況とは、極めて特殊な環境であるといえます。

お客様から腐食の懸念や容器の材質の指定を行われない場合、SUS316でオートクレーブを造りますが、その時は、腐食の可能性が低い条件で使用するものであると当社では判断します。

Q4
特定代理店を設けていますか?また、直接購入できますか?
A4

特定代理店は、現在設けておりません。今まで当社商品を購入していただいた代理店をご紹介することは出来ます。また、エンドユーザーからの直接購入も随時受け付けています。エンドユーザーの指定の代理店から当社商品を購入したい場合には、そちらに見積依頼を出されてから、回答をお待ち下さい。

Q5
オートクレーブ本体だけ(容器だけ)のレンタルは、やっていますか?
また、オートクレーブのレンタルについて、容器が腐食した時の対応は、どう考えていますか?
A5

残念ながら、容器だけのリースは行っていません。当社機種のMMS、MMJの2機種の規格品だけのリースを行っています。前記2機種でも規格品でないものは、ご購入以外手立てがありませんので、お見積依頼をお願い致します。

オートクレーブのレンタル品の腐食は、腐食が起きない、あるいは腐食が起きても構わない条件下でお客様にお使い頂いていると考えています。通常ステンレス鋼の腐食には、次の5種類があります。@全面腐食 A孔食(穿孔腐食) B応力腐食割れ Cすきま腐食 D粒界腐食 です。

全面腐食・・・・・・・・・・自然劣化・経時変化と捉えており、お客様にご負担はありません。
代替品を速やかに送付致します。
孔食(穿孔腐食)・・完全に容器が貫通した時には、お客様にその容器だけを購入して頂きます。
代替品は、容器の新品を新たなご負担無く送付致します。
応力腐食割れ・・・・・・孔食と同じ条件とさせて頂きます。
すきま腐食・・・・・・・・孔食と同じ条件とさせて頂きます。
粒界腐食・・・・・・・・・・溶接箇所からの腐食の事ですが、孔食と同じ条件とさせて頂きます。
お問い合わせ先

お問い合わせ用
フォーム

本社・工場
栃木県栃木市岩舟町静和522-2
TEL : 0282-55-1666
FAX : 0282-55-1664

特品事業部
栃木県栃木市岩舟町静和522-1
TEL : 0282-55-8222

Index Page Top